勉強を熱心に行う子供の中には負けず嫌いという子が多いかもしれません。それだけ競争心がるということです。周りの友達よりも、もっといい成績になりたいとという子が多いと思います。当サイトでは学習塾と家庭教師について詳しく説明いたします。

家庭教師に家族の送迎は必要か

家庭教師は講習会などに派遣してもらうことも可能ですが、基本的には個人の自宅へ通うことになるため、家族の都合に合わせて交渉する必要があります。
来てもらう曜日や時間帯など、相談すべき事柄はいろいろありますが、交通費の支給や送迎のありなしも契約条件のひとつになります。
一般には交通費を授業料に含めて契約することが多いものの、移動距離や時間が長い場合は、交通費が別になることもあります。
家庭教師の立場からすると、移動時間は時給に含まれないため、あまり遠方の家庭には行きたくないのが本音でしょう。
良い家庭教師を手配したければ、それだけ交通費に配慮する必要があります。
また家が駅から離れた場所にあるときや、若い女性の家庭教師が夜遅くなってしまうときは、車による送迎が必須になる場合もあります。
求人情報誌などでは家庭教師を募集する際に、あらかじめ送迎ありを条件としていることもあります。
送迎を面倒だと考えるか必要経費として割り切るかは、家族の事情次第でしょう。
送迎ありだから良い教師に巡り会えるとは限りませんが、ちょっとした茶菓でもてなしたり、悪天候の際に送り迎えしたりすることは、コミュニケーションのひとつと考えることもできます。
ただし送迎中に事故などが起きた場合、責任問題になる可能性があるため注意しなければなりません。
もちろん送迎は義務ではないので、嫌なら断れば良いのですが、送迎なしだとそもそも自宅に来てもらえない場合があります。
派遣する会社によっても対応は異なりますから、まずは条件について交渉することが大切です。
思うようにまとまらないなら、他の派遣会社に紹介を受けてみるのもひとつの方法でしょう。