勉強を熱心に行う子供の中には負けず嫌いという子が多いかもしれません。それだけ競争心がるということです。周りの友達よりも、もっといい成績になりたいとという子が多いと思います。当サイトでは学習塾と家庭教師について詳しく説明いたします。

昨年よりも成績が落ちた男子生徒には家庭教師を!

小学生の時期は、学校で習う科目が比較的簡単です。
学校の授業を聞くだけで毎回100点満点を取る事が出来ます。
国語、算数、理科、社会とありますが、いずれも基本的な内容であり、テストの方も意地悪な問題は無く、いわゆる普段の授業を通しての理解度を調べる顧問がメインです。
そのため、男児と女児の間で成績の格差は広がりません。
また比較的容易に満点が取れるため、教育にお金を投資している家庭とそうではない家庭との間に大きな格差も見られません。
ただし、一方で小学校を卒業し、中学校になりますと生徒同士の間で格差が生じてきます。
小学校までのテストは普段の授業を真面目に聞いていれば試験勉強無しでも良い得点が得られますが、中学校以上になりますと前日、前週からコツコツと試験対策をしていた生徒の方が総合得点が高くなります。
また現実的な性差として、男子生徒は一夜漬け型で勉強する傾向があり、女子生徒はコツコツとテストの前週から対策を進めるため、平均的な成績は女子生徒の方が高く安定し始めます。
また家庭教師を我が子につけている家庭、そうではない家庭との間に成績面の格差も出やすくなります。
性差以上に教育分野への投資の有無が、生徒間の格差を生じさせます。
中学校の時期に、勉強嫌いになってしまうと、高校受験や大学受験に響きます。
中学校の頃と言えば、何かと多感な時期でもあり、勉強の方も小学校の科目とは雲泥の差で難しくなりますので、我が子の成績が昨年度に比べて明らかに下がってきているなら、家庭教師をつけてみましょう。
総合的に全ての科目を満遍なくコーチングしてくれる家庭教師のサービスもあれば、
男子生徒が苦手に感じる国語や社会などを重点的に教えてくれる家庭教師のサービスもあります。